本文へスキップ

キンザ ニッツは、占いとパワーストーンの願望実現ショップです。

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-2-14 天翔オフィス217

不思議な話のこと

世の中には、不思議なお話がたくさんあります。
科学で解明できること、できないこと。
虫の知らせやジンクス、シンクロニシティ、幽霊のお話からエネルギーのお話など
そんなお話を書いていきます。

※ブログやメルマガの文章に加筆したものを掲載しています。タイトル横の()内はブログに初掲載の日付です。

** 目次 **  
*瞑想とイメージング1 New *瞑想とイメージング2  New *瞑想とイメージング3 New
   
     


瞑想とイメージング 1 (2012/6/21)


少し前に、イメージングができないということで
イメージングレッスンを受けに来られたお客様がいらっしゃいました。
しかし、フタを開けてみると できないのはイメージングではなく、瞑想の方でした。

そして、また、別のお客様から 瞑想についてのご質問を受けたのですが
今度は、それは瞑想ではなくイメージングの方の内容でした。

私の友人も、キャンドルを使った瞑想をする〜♪ と頑張ったのですが、
怖くて集中できないとか(これは火が苦手なのかな?)
他の方法(CDかけたり、お香焚いたり) で試しても集中できない・・・ だったらしいのですね。

霊気を使える子なので、 霊気流しながらぼーっとするんでもいいんだよって言ったらば
いろいろ考えちゃって、ぜんぜんボーっとできなかったそうな。

そもそも、瞑想なんて リラックスするためにするもんであって
瞑想するぞ!って 力(りき)んだり、ムリしてするもんじゃないから
ムリだと思ったら、瞑想やめて 好きなことしたり、寝ちゃっていいと思うんですよ。

ですので、瞑想とイメージングについて 書いて行こうかなと思います。

でも、これから書くものは あくまで、わたしが考えて経験したものについてのみ・・です。

こういったスピリチュアルなものも、現実的なお仕事も、
わたしは、人それぞれ だと思っているので どれが正解というのはないと考えています。

一つの急須から注がれた、同じお茶を飲んだとしても、
ある人にとっては、苦いかもしれないし ある人には、甘いかもしれない
またある人には、熱くて、別の人には温いかもしれない。

同じものを見ても、触っても、飲んでも、感じ方は人ぞれぞれ。

それなのに、ワークの感じ方や考え方 手順などが一つであることはないと思うのです。
ましてや、この世界は、『感覚』を 大切にする世界です。

こう感じないといけないんだ。 

という思い込みは、自分の感覚の敏感さを狭めます。
根本の目的が果たされれば 手順が人と違っても、感じ方が他の人と違ってもOKだと思うのです。
ですので、もし、アナタに、こういった事を教えてくれる お師匠さまなり、
先生なりがいらっしゃる場合には まずは、そちらの考える方法を行ってみてください。

どうしてもダメだったら、その師に、瞑想とはなんぞや? を相談してみるといいと思います。
私は、師に出会う前から自分なりに考えを まとめて瞑想やイメージングを行ってきたので
自分で納得して使ってきていた考えでやっております。
なので、もしかしたら、突っ込んだ話を師匠としたら 違う部分が出てくるんではないかなと思います。

師匠は大好きですし、尊敬もしています。
でも、自分の考えは譲りません(笑)

好きだし、尊敬しているからこそ 話を聞いて、納得できた部分は取り入れます。
納得できなかったり、腑に落ちなかった部分があれば
自分でも考え、自分で納得できて 腑に落ちて、なおかつ実体験が伴うものを採用しています。

考え方がすりあわなかった部分は 師匠はそういう考え方をする人なんだな、ってそれだけです。

でも、それが解っていれば 自分と違う考え方をされていたとしても
その人の世界観はこんな感じだから この考えが導き出されるのだ と、理解できます。
たとえ、それが自分の世界観と違っていても それは当たり前だと思うのですよ。

前に、似たようなことを リンゴで説明したことがあります。
同じリンゴでも、どの位置からみるかで 色味が変わったりしますよね。


まんまるのボールのように 誰が見ても同じ形のものであっても
立つ位置が違って、見る方向が違えば そのボールが体現する採光はかわります。


真っ白で明るい丸に見える場所もあれば 影ばかりで黒っぽい丸に見える場所もある。
横からみれば、白も黒も半々で 位置をずらせば、その割合も変わる・・・

今の考え方が導き出されるための それまでの経験や知識は、絶対、みんな違うのですものね。

と、前置きが長くなりましたが、そのような考えのもと、
瞑想とイメージングについて、お話していきたいと思います。



瞑想とイメージング 2 (2012/6/23)


瞑想とはなに?
瞑想をすることによって、なにを得ようとしているの?

という、根本的なところからです。
このような、スピリチュアルを扱う世界では 瞑想は基本であり、必須であるように言われています。

では、その基本であり 必須であるという考えはどこからきたのでしょうか。

瞑想という「言葉」を調べてみると・・・ 辞書などで調べてみると、
「瞑想とは目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと」 とされてたりします。

また、wikipediaでみてみると、

瞑想(めいそう、Meditation,メディテーション )とは、 何かに心を集中させること。

この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような 比較的日常的なものから、
絶対者(神)をありありと体感したり、 究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。

となっています。

その他、ネットで軽く、瞑想とは?で、しらべてみただけでも

「宇宙と繋がること」
「自己啓発のためのもの」
「自己覚醒の手段」
「自分自身をみつめるコト」
「心を落ち着かせるためのもの」

と 様々な人の、さまざまな定義が出てきます。

一つの言葉でも、これだけの受け取り方、意味合いがあるのです。
ということは、それぞれに、手順や、受け取り方があるということでもあります。

では、あなたがやろうとしている瞑想は、どんなものなのでしょう?
あなたが、「瞑想」ときいて、パッと思い浮かぶものはなんでしょうか?

先の記事に出した友人は、 「こころを無に!頭を空っぽにしなきゃ!」って思ったそうです。
わたしも、昔はそうでした。
雑念を払わなきゃ。
とか、光が見えるようにならなきゃダメなんじゃないかとか。

それらは、全部、瞑想という言葉の付属として書かれているものを 考えている場合が多かったですね。

場面場面において、その目的は様々ではありますが どれも、
瞑想を手段として使っているだけであって、
瞑想そのものではないのではないかと思うのです。

自己啓発のためのワークの一環として、瞑想を使う。
宇宙の存在(または神とかハイヤーセルフとか)と繋がるために その方法として瞑想を使う。
自分自身と話をして、問題を解決するために瞑想を使う。

となると、一般的に言われている中での瞑想とは、それらを含めたとして、

・リラックスするためのもの
・自分の肉体に意識を向けるもの
・無になるのではなく、なにかを思いめぐらすもの
・高次の存在といわれるものと繋がりやすくするもの

といった感じですかね?

瞑想として、一般的になってきている定義とは、
それら以外に、脳波をα波にするというものがあります。

聞くだけでα波になれちゃうCDとかもありますよね。
聞くだけで、瞑想したのと同じ効果!とかいうやつ。

そう考えると、α波のときの状態が、 瞑想の時の状態なのではないだろうか?
と、そう考えるわけです。

脳波については、解りやすかったので、

お友達のヤッズ★にーやんのブログから、引用

*********************

■ γ(ガンマ)波:30Hz〜 怒り・不安などでの興奮状態

■ β(ベータ)波:13〜30Hz 左脳が全開の「高意識」状態、普通人の意識の活動領域

■ α波(α3):11〜13Hz  ややリラックスした状態、落ち着いた人の意識の活動領域

■ α波(α2):9〜11Hz  心身共にリラックスしていながら 自己の能力を最大限発揮できる右脳全開状態
             有名な 棋士(きし)が将棋や囲碁をさしている瞬間 天才的プレーヤーの意識の活動領域

■ α波(α1):7〜9Hz リラックス うとうと 眠りかけ ■ θ(シータ)波: 4〜7Hz 
           「低意識」状態で右脳が全開した状態 傾眠時(うつらうつら)、うたたね状態、ほぼ無意識

■ δ(デルタ)波:〜4Hz  深い眠りの状態

**********************


瞑想が、α波の状態を作り上げるものだとすると、
上記の α波(a3〜a1)の状態を 目指せばいいんではないか ということです。

ではどうやって目指すのか? そちらを、次の記事で書いてみたいと思います。


瞑想とイメージング3 (2012/06/24)

さて、前回はの表です。
*********************
■ γ(ガンマ)波:30Hz〜 怒り・不安などでの興奮状態

■ β(ベータ)波:13〜30Hz 左脳が全開の「高意識」状態、普通人の意識の活動領域

■ α波(α3):11〜13Hz  ややリラックスした状態、落ち着いた人の意識の活動領域

■ α波(α2):9〜11Hz  心身共にリラックスしていながら 自己の能力を最大限発揮できる右脳全開状態
             有名な 棋士(きし)が将棋や囲碁をさしている瞬間 天才的プレーヤーの意識の活動領域

■ α波(α1):7〜9Hz リラックス うとうと 眠りかけ ■ θ(シータ)波: 4〜7Hz 
           「低意識」状態で右脳が全開した状態 傾眠時(うつらうつら)、うたたね状態、ほぼ無意識

■ δ(デルタ)波:〜4Hz  深い眠りの状態
**********************


瞑想が、α波の状態を作り上げるものだとすると、
上記の α波(a3〜a1)の状態を目指せばいいんではないか ということでしたね。

瞑想状態で言われているものの多くは 体をリラックス状態に持っていく。
ということですよね。

a3〜a1のレベルすべてにおいて リラックスという言葉が入っています。
であれば、やはり、まずは第一の目標としては 心身ともに 
リラックスできる状態に持っていけばよいでしょう。

一般的にα波は 睡眠(眠り)と覚醒(起床)の間の状態だといいます。
a1の状態ですね。(θ波も、これに近いですが) だけど、そこまで行ってしまうと、
既に記憶なく 瞑想しながら寝落ちていたという人も多いですよね。

では、初期段階での瞑想中は、 a3〜a2で留めておければ、
自分で自覚しつつ瞑想というものを体感できるのではないでしょうか?

瞑想を手段として そのあと神(といわれるもの)と繋がるとか
瞑想によって自己啓発するとか、 宇宙を旅するとかの
付属物について考えるのは、後です。

まず、瞑想状態に自分をもっていかないと それらまでの到達は難しいですからね。

そうすると、 次に、アナタにとってのリラックスってなに?
という疑問が出てきます。

瞑想苦手・・・ と思っているアナタ
瞑想しましょうといわれて リラックスできていますか?

先に出した友達は 「無にならなきゃ!」と思うけどできない。
「集中できない」と言っておりました。

無になるために、集中するって・・・ リラックスできてなくないか?

と、香は思ったわけです。

んじゃ、香はどうやっているのか・・・と言いますと すみません。 

寝そべってるだけです。

座っててもいいですけど 寝そべったほうが、楽なんです。

a1が、眠りかけの状態だというのであれば、
眠りに付きやすい態勢の方が早いよね・・・ っていうのではなく、
椅子に座ってると 、やっぱり、どこかに力が入ってしまって リラックスしにくくなるんです。
身体を支えないといけないけないですからね。

もし、体をゆったりと すべて預けられるようなクッションだとか、
ソファを使用されているなら それでも問題ないと思います。

横になって 両手両足を放り出して、らく〜にします。
楽な恰好でいいんですが 両手両足を伸ばしていただく方が、より体感できると思います。

次に、目を軽く閉じてもらって深呼吸を数回しましょう。
深呼吸するごとに、体の力を抜く ということができればベストですが、
緊張してて抜けなければ、それでもいいです。

深呼吸するという行為に、意識を集中してください。
3〜4回深呼吸したら、呼吸を普通の状態に戻します。
鼻から吸って口から吐くとか めんどくさいこと考えなくていいです。

いつも通り、自分の呼吸をしてください。

呼吸を普通に戻したら、次にすることは?

ふつうなら、無になりましょうとか そうでなければ
高次の存在に尋ねたいことを思い描きましょうとか言われます。

が、んなことできないし いろんな思いが駆け巡るから困るんだよね。

香は、ここで、意識を身体に向けます。
一箇所ずつ力を抜く・・・ というようなワークではなく、
ほんとに、体があるということを感じるだけです。

指先がかゆいな〜とか 腸が動いてるな〜とか
心臓の音が聞こえるな〜とか
お腹なっちゃった ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ とか(笑)

香にとって、無になるというのは ムリヤリ何かを考えないようにするというものではなく

今、ココの時間に 自分がどこにいて
どんな動きをしていて
どのような感覚でいるのかを

認識というのではなく 、ただ、感じるだけの時間なのです。

この、身体に意識を向けるという作業は
一見、無になっていないようにみえますが
ついつい考えてしまう心配事や不安、悩みなどからは、解放されています。

瞑想の定義の一つに、なにかに思いを寄せるということも 瞑想であるという説明がありましたよね。

頭の中が空っぽにならないと、お悩みの方は、
自分の体や、周りの音や空気に意識を向けてもいいですし、
高次の存在や、宇宙空間を思い描いてもいいと思います。

なにかを思い描いたときも、集中できなくて 自分の頭の中で心配事が出てきたり
不安を思い描いてしまったり 先々までの心配事のストーリーを作り出してしまったとしても
それを、「いけない」と否定するのではなく
少し、離れたところに意識を持って行って

「あぁ、あたしって今、こんなこと考えてるんだな〜」

と わざと客観的に見てみてください。

自分が、今、こんなこと考えているんだな〜
って感じるだけでも
今ここ に、心があるということに繋がります。

さて、香個人の体験ですが そのように身体に意識を向けるということを続けていますと
そのうち、身体が小刻みに震えている感覚が訪れます。

実際に震えてるかは、 横から見たことないのでわからないんですが(笑)

小刻みな振動が、だんだんと大きくなり 身体が空気と一緒に揺れているような感覚になります。
その時は、ほぼ半覚醒の状態で 自分の体の感覚もちゃんとありますし、周りの音も聞こえます。
頭が冴えてるというか
なにかに夢中になって真剣に作業をしているときでも 周りが何をしているかがわかる状態に近いです。

おそらく、a2の状態に近くなっているのではないかなと思います。
目を開けると、すごくスッキリしていますし 身体も軽い感じがします。

3〜10分行うだけでも、そのような状態になるので
会社の昼休みに、よくやります(笑)
(うちの会社は、休憩室にソファがあって、寝ころべるのです)

集中できない、無になれないという方でも 身体に意識を向けるくらいであれば、
もしかしたら簡単にできるのではないかな?
短い時間でもいいので、試してみて
もし、心地よい感覚が感じられれば その方法でいいと思います。

心地よい感覚が持てるということは リラックスできている状態だと思いますので。


    

***

***